プロフィール

現在の閲覧者数:

管理人

Author:管理人
洗える紙オムツの会社です。
あい介護管理人です。
ショッピングカートはhttp://kan521126rt.fc2.com/


最近の記事


最近のコメント


フリーエリア

ビッダーズでお買い物【スペースインターナショナルオンラインショップ】

スペースインターナショナルオンラインショップ



A20 88×31バナー VIVI 80×60バナー

月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:新聞から
第39回つんでれママ(2) 教育研究所所長・牟田武生

 あまりにも息子を「なんとかしろ」という母親の小言に閉口し、父親が息子を若者自立塾に連れて来た。だが、生活をしてみると何も問題のない若者だった。就労体験先でも、陰日なたなく真面目に働くので評判がすこぶる良い。就労体験先の社員からは「彼がなぜニートなのかわからない」と言われる。

 ここでの生活はどうかと彼に聞くと、「景色はいいし、毎日温泉に入れるから快適です。そして何よりもいいのは、あの母親から離れられて最高です」という答えが帰ってくる。

 「母親は他人の前では私をぼろくそに言って、2人になると態度がひょう変するのです。訳がわかりません。たぶん、自分自身がないのです」

 「自分自身がないって……」

 「母は昔から家では僕が何にも出来ないと思っているらしく。私の世話をすることが生きがいだと思っているのです。僕が元気ないと母は生き生きしてくるし、僕が楽しく友達と遊んでいると、病人みたいに元気がなくなってしまうのです。人前では他人にどう見られているか気にし、母は自分1人では生きられない女なのです」

 3カ月の自立塾での合宿生活が終わりに近づく頃、彼に私は尋ねた。

 「修了後、富山に残る、それとも横浜の実家に帰ってから仕事を探す。どうする?」

 「本当は富山で就職して、一人暮らしをして自立した方が良いと思いますが、母が悲しむので横浜に帰ります」

 彼は横浜の実家に戻り父親の会社の関連会社に無事就職した。卒塾後、2カ月してから、私の事務所に訪ねてきた時はもう立派な社会人だった。

 「残業の毎日で仕事は忙しいけれども毎日が充実しています」と言う。

 「お母さんはどうしている」

 「父親は先生にとても感謝して喜んでいるみたいなのですが、母親はうつ病だといって、寝てばかりで家事もしなくなってしまったのです」

 「それは困ったね」

 「先生、母親を元気にさせてください」

 「お母さん、カウンセリングに来れるの?」

 「さあ、母親は先生のことを憎んでいるようなことを言うから、父親が勧めても来るかなぁ……」

 「どうして、私を憎んでいるのかな?」

 「……母のことはわかりません」

 新年を迎え、しばらくしてから母親ではなくて、どういう訳か、父親がカウンセリングに見えた。

 「先生、困ってしまいました。息子は元部下がやっている子会社に就職させ、元部下(子会社の社長)からも『よくやっている。もう心配ないですね』と言われ、今年は良い正月が迎えられると思っていたのですが、息子が年末に風邪をこじらせ熱を出したのです。そしたら、母親が急に元気になって、かいがいしく息子の看病し、『そんなに仕事大変ならば辞めていいのよ』といってしまったのです。年が明け、息子は風邪が治っても会社に行かないのです。息子は『僕はもう駄目だ』と言って元気がないのですが、母親は元気そのものなのです。どうしたらいいのでしょうか」

 「息子さんとは、以前と違い私達は信頼関係があります。お父さん、もう一度、富山に連れ出してください。母親と離し、彼を向こうで自立させましょう」

 お父さんは息子を説得し、一カ月後には富山で就職し自立を始めた。

 早咲きの桜が咲く頃「お父さん、奥様を支えるのは貴方の仕事です……」と私は言った。

 「先生、私の人生は仕事中心でした。自分では出世したと自画自賛していました。でも、家族は私の犠牲者だったのですね。何にも知りませんでした。オヤジとして夫として、失格者です。老後は考え方を変えます」

 「お父さん、そんなに御自分を責めないでください。会社がそんな働きを要求したのでしょ……」 (終わり)

 読者の皆様、長い間、お付き合い頂き大変ありがとうございました。さようなら!

 【編集部から】連載「こころの世紀」は今月で休載します。長い間、ご愛読ありがとうございました。

------------------------------

教育研究所所長・牟田武生

 1947年宮崎県生まれ。72年、不登校の相談、教育支援の場として教育研究所を設立。91年、教師、児童相談所の相談員など専門家のための研修機関として、不登校研究会を設立。厚生労働省委託「若者自立塾」主宰。元NHKラジオ「子どもと教育電話相談」相談員。元文部省「不登校の実態に関する調査」検討研究員。著書は、「ニート・ひきこもりへの対応」「ひきこもり/不登校の処方箋」「ネット依存の恐怖」(教育出版)など。

 2007年4月19日
記事元URL
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kokoro/century/news/20070412org00m100047000c.html

★お気に入りを貴方に★

Freeゲームも出来るよ。★ワクワクメール★

★happymail★

無料ゲームサイト[モバゲータウン]って、おもしろいよ!登録してみてね~ http://mbga.jp/AFmbb.yJfw5ae45b/
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 洗う紙オムツ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。