プロフィール

現在の閲覧者数:

管理人

Author:管理人
洗える紙オムツの会社です。
あい介護管理人です。
ショッピングカートはhttp://kan521126rt.fc2.com/


最近の記事


最近のコメント


フリーエリア

ビッダーズでお買い物【スペースインターナショナルオンラインショップ】

スペースインターナショナルオンラインショップ



A20 88×31バナー VIVI 80×60バナー

月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:新聞から
若い世代に「結核」 欧米より30年遅れた日本

 20、30代の若い世代の結核が減らない。他の年代の罹患(りかん)率が減少傾向にある中で、平成17年にわずかながら増加した。日本は欧米に比べて結核の封じ込めが30年遅れているという。専門家は「いま若年層の新規感染、発病が増えていることを示唆しており、大きな問題だ」と指摘する。(石毛紀行)

 ■都会ほど…高い地域格差

 厚生労働省の結核発生動向調査によると、17年に新たに見つかった結核患者は2万8319人で、罹患率は人口10万人あたり22・2人(前年23・3人)。結核による死者は2295人だった。
 罹患率を年代別にみると、40代14・0人(同14・9人)、50代18・9人(同21・1人)など40代以上は下がっていた。しかし、30代は14・9人(同14・8人)、20代15・4人(同15・3人)で微増していた。
 たんから結核菌が検出できるほど重症の肺結核の罹患率も、30代4・9人(同4・8人)、20代4・6人(同4・4人)で、両年代だけ、わずかに増えていた。
 結核罹患率は大都市で高い傾向があり地域格差が大きい。もっとも低い長野県に比べ、もっとも高い大阪市は5・5倍、東京23区、名古屋市、神戸市は3倍だ。
 若い世代の結核が思うように減らない状況を結核予防会結核研究所(東京都清瀬市)の加藤誠也副所長は「今後の大きな懸念材料になる。集団発生が抑えられてきた中で、どこかで感染しているということ。結核への危機意識が薄れ、受診や診断が遅れ、新たな感染源になっていく恐れがある」と指摘する。
詳しくは下記URLへ

記事元
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/health/34150/
SONY デジタル一眼レフカメラ α100 ボディ単体 ブラック DSLRA100/B SONY デジタル一眼レフカメラ α100 ボディ単体 ブラック DSLRA100/B
(2006/07/21)
ソニー

この商品の詳細を見る

安保徹×石原結實 体を温め免疫力を高めれば、病気は治る! 安保徹×石原結實 体を温め免疫力を高めれば、病気は治る!
安保 徹、石原 結實 他 (2006/06)
宝島社

この商品の詳細を見る

免疫を高めて病気を治す「爪もみ」療法 免疫を高めて病気を治す「爪もみ」療法
福田 稔 (2004/05)
マキノ出版

この商品の詳細を見る

使いすてクリーンマスク 50+10枚入 使いすてクリーンマスク 50+10枚入
()
セーブ・インダストリー

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

タグ : 洗う 介護 オムツ リサイクル ノロウィルス 結核 免疫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 洗う紙オムツ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。