プロフィール

現在の閲覧者数:

管理人

Author:管理人
洗える紙オムツの会社です。
あい介護管理人です。
ショッピングカートはhttp://kan521126rt.fc2.com/


最近の記事


最近のコメント


フリーエリア

ビッダーズでお買い物【スペースインターナショナルオンラインショップ】

スペースインターナショナルオンラインショップ



A20 88×31バナー VIVI 80×60バナー

月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:他のサイトから
暮らしの中の宗教:葬儀編/5止 

 ◇僧侶にも危機感--「檀家と深くかかわりたい」

 「葬儀、中陰(四十九日法要など)を通して遺族にかかわっているが、どのように法話などしていいか、わからない時が多い」「僧侶(の自分)が説教をふりかざしても、遺族に届かず無力感を感じる事があった。遺族との接し方を見直したい」。僧侶たちの驚くほど率直な言葉が並ぶ。これは昨年11月、僧侶を対象に大阪市で始まったグリーフケア研修で出席者が記した参加動機だ。今、僧侶の多くが葬儀の場などで、愛する者を失った遺族とどう向き合えばいいのか悩んでいる。

 子供を失った親、長年連れ添った配偶者を亡くした夫や妻……深く悲しみ、心を痛めた人たちに寄り添うのがグリーフケア。仏教では葬儀、四十九日、百カ日といった法要の場で、僧侶遺族と悲しみを共有し、仏の教えを説いてきた。だが、最近は形がい化した法要も多く、寺のあり方を反省する僧侶もいる。

 研修は大阪市仏教会社会福祉委員会と大阪府仏教青年会の共催で行われている。伝統仏教の僧侶でつくる仏教会が、グリーフケアの研修を実施するのは全国初の試みだ。研修を企画した真宗高田派正覚寺住職で、大阪市仏教会社会福祉委員会の松原俊幸委員長(45)は「寺の日常の法務に磨きをかけ、地域のつながりを失った社会にも役立つ研修にするのが狙い」と話す。

記事元
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20070208ddm013100175000c.html
スポンサーサイト

タグ : 葬儀 僧侶 遺族 宗派 研修 法要 檀家

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 洗う紙オムツ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。