プロフィール

現在の閲覧者数:

管理人

Author:管理人
洗える紙オムツの会社です。
あい介護管理人です。
ショッピングカートはhttp://kan521126rt.fc2.com/


最近の記事


最近のコメント


フリーエリア

ビッダーズでお買い物【スペースインターナショナルオンラインショップ】

スペースインターナショナルオンラインショップ



A20 88×31バナー VIVI 80×60バナー

月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:新聞から
アマゾン:熱帯林が次々消滅 何気なく食べている大豆の陰で… 南さん、保護を訴え

 ◇先住民と一緒に暮らす南研子さん、保護を訴え

 「健康によい」と、大豆鶏肉を何気なく食べていますが、その一方でアマゾンの熱帯林が次々と失われていることを考えて下さい--。ブラジルのアマゾン先住民と生活を共にしながら、熱帯林を守る活動を行っている南研子さん(59)が、そんなメッセージを送り続けている。【小島正美】

 ◇代替燃料も輸入

 アマゾンの熱帯林は世界の熱帯林の約3割を占める。その熱帯林に住む先住民は500年前までは1000万人近くいたとされるが、今は約32万人しかいない。そうした中、毎年、四国の約1・5倍に当たる面積が焼き払われ、その跡地に牛や鶏を飼う牧場や鶏舎が作られ、大豆畑やサトウキビ畑ができる。南さんは「このままだと30~40年でアマゾンの熱帯林がなくなってしまう」と危機感を持つ。

 日本はサトウキビなどを原料にしたエタノールを石油の代替燃料としてブラジルから輸入し、国内で消費される冷凍食品やコンビニ弁当ではブラジル産の大豆鶏肉が多く使われている。南さんは「健康志向で大豆などが食べられていますが、熱帯林の破壊が進んでいます」と地球の反対側の出来事に目を向けてほしいと訴える。

記事元
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/env/news/20070214ddm013100069000c.html
スポンサーサイト

タグ : アマゾン 原生林 鶏肉 大豆 エタノール

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 洗う紙オムツ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。