プロフィール

現在の閲覧者数:

管理人

Author:管理人
洗える紙オムツの会社です。
あい介護管理人です。
ショッピングカートはhttp://kan521126rt.fc2.com/


最近の記事


最近のコメント


フリーエリア

ビッダーズでお買い物【スペースインターナショナルオンラインショップ】

スペースインターナショナルオンラインショップ



A20 88×31バナー VIVI 80×60バナー

月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:他のサイトから
去年の記事なのですが、西日本の方にも影響が出ているのでは?
 米エネルギー省の研究者によると、中国では9倍に増加した化石燃料の排ガスにより発生した煙霧がおそらく原因で、この50年間で空が薄暗くなっているという。

 この研究は学会誌『地球物理学研究レター』の1月11日付の号に掲載されたもので、雲量が少なくなったにもかかわらず、中国にある500ヵ所以上の気象観測所で測定された日射量が1954年から2001年の間に減少しているとの内容だ。

 ワシントン州にあるエネルギー省の『パシフィック・ノースウエスト国立研究所』(PNNL)に所属し、今回の論文の筆頭執筆者となっているユン・チエン氏は、「雲のない快晴の日が増えれば、普通は太陽が輝いて空が明るくなるものだが、われわれの研究結果は違っていた」と語る。

 27日(米国時間)に行なわれた電子メール取材の中で、チエン氏はこの現象の原因について、「人間の活動に起因する大気汚染によって煙霧が発生し、太陽光を吸収・反射したのかもしれない」と説明している。

 大気汚染は中国全域に広がっている。旧式の工場はもうもうと煙を吐き出し、建ってから何百年にもなる古い住宅に住んでいる多くの市民は、暖を取るのにいまだに石炭を使っており、自家用車の激増によって道路には排気ガスがたちこめている。

 今回の研究は、500ヵ所以上の気象観測所からのデータに基づいて、この50年間に化石燃料による排ガスが9倍に増加する中、地上に届く太陽光の量が10年毎に1平方メートルあたり3.1ワットずつ減少していることを明らかにしている。

 この研究で使用された雲量のデータは、地球全体、および地域の気候変動に関する米エネルギー省との2国間協定を通じて、中国気象局から入手したものだと研究者は述べている。
記事元
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20060131302.html

この記事の後には日本関係の記事も有ります。是非クリックを御願いします。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 洗う紙オムツ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。