プロフィール

現在の閲覧者数:

管理人

Author:管理人
洗える紙オムツの会社です。
あい介護管理人です。
ショッピングカートはhttp://kan521126rt.fc2.com/


最近の記事


最近のコメント


フリーエリア

ビッダーズでお買い物【スペースインターナショナルオンラインショップ】

スペースインターナショナルオンラインショップ



A20 88×31バナー VIVI 80×60バナー

月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:他のサイトから
カドミウム:アブラナ科の植物で土壌汚染の減少確認

 カドミウム汚染土壌でアブラナ科の植物を育てて、土壌中のカドミウムの減少を確認したと、農村工学研究所(茨城県つくば市)らの研究グループが12日、発表した。広範囲に及ぶ比較的低濃度の汚染を、低コストで浄化できるという。

 使ったのはアブラナ科の多年草、ハクサンハタザオ。国内に広く分布する野草で、山地の日当たりのよい場所に生える。高さは10~30センチ程度に成長し、4月から6月に白い花を咲かせる。

 研究グループは、表層15センチで1キロ当たり4.7ミリグラムのカドミウムを含んだ屋外の土壌で栽培。1年でカドミウムは同2.6ミリグラムに減った。5回繰り返して容器で栽培すると、カドミウム含有量は5分の1程度まで減少した。

 また、収穫したハクサンハタザオを乾燥後、400~500度で焼却処理するとカドミウムが揮発せず、再利用できる形で回収できたという。

 研究グループによると、従来は汚染土壌を入れ替える「客土」という方法で浄化していた。今回の方法は、鉱山の廃水などに含まれるカドミウムが洪水などで下流付近の田畑に流れ込んだような場合に効果を発揮するという。

 同研究所の谷茂・防災研究調整役は「工場などの局部的に高濃度で汚染された部分は、植物では対応できない。田やため池などの薄く広く汚染された地域では、客土の半分以下のコストで浄化できる」と話している。【石塚孝志】

毎日新聞 2007年3月12日 21時13分

記事元
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/env/news/20070313k0000m040129000c.html


★お気に入りを貴方に★

★ワクワクメール★

★happymail★
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 洗う紙オムツ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。